【危険】日経平均20,000円割れ!これはピンチか?それともチャンス到来?!




Pocket

大荒れのクリスマス相場

スポンサーリンク

貿易摩擦の影響で、相場は大荒れの様相です。

米中貿易戦争の影響はいつまで続くのでしょうか。

相場参加者が減り、動かないチャートを見る季節だなぁと思っていたら株もドル円も下落の一途です。

みなさん無事ですか?

いいタイミングで損切りできていますか?

Yolo-Oyajiは、外国為替のポジションはほぼ全て解消してあるので無事です。

その理由はこちらからどうぞ。

ほんのわずかのメキシコペソをスワップ金利目当てで持っているだけです。

こちらは落ち着いた値動きを続けてくれているのが救いです。

投資信託の口座を見るのも怖い状況に

スポンサーリンク

SBI証券で投資信託2種類を1年〜2年間保有しています。

総合系の含み損益が-22.63%になっています。

もう怖くて口座を見るのもいやです。

保有しているのは次の2つです。

  • SBI-SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(年2回決算型)
  • 三井住友TAM-世界経済インデックスファンド

ジェイリバイブは口数と金額買付の両方で持っています。

口数買付の方は完全に高値づかみしてしまい超長期塩漬け覚悟です。

金額買い付けの方は、底値と判断したところで買い増ししてドルコスト平均法の力を借りたいと思います。

インデックスファンドは 積立買付でコツコツと買い増し しています。

おかげで、損失が一番少ない-7.28%です。

このことから、やはり投資信託はコツコツの積立型が一番安全だと言うことを体験学習できましたぁ。

笑うしかないですね。

下がったら買うけどナンピンは怖い?!

スポンサーリンク

それにしてもすごい勢いで株価が下落していますね。

こんな状況で買い増しするのはとても怖いです。

しかし、超有名投資家のバフェットさんはこのように言っています。

株が下落したときに売ってはいけない。むしろ買うべきallaboutから引用

ジェイリバイブの金額買付は、ドルコスト平均法が効くのでこの危機が落ち着き始めた頃を見逃さず買い増ししようと思います。

問題は口数買付の方です。

以前、値上がりが順調で、このままどんどん上がると思い込んだ時に買い増ししたところ取得単価が変わりませんでした。

つまり、ドルコスト平均法が効かない可能性があるのです。

このあと、詳しく調べてみようと思いますが、嫌な予感しかしません。

リーマンショック後の値動きから学ぼう!

スポンサーリンク

2008年のリーマンショックのときも大損した人がたくさんいました。

しかし、数年もすれば株価は回復し、何もなかったように投資熱もあがりました。

今では公務員でもiDeCo確定拠出年金を利用できたりNISAを金融庁は熱心に勧めています。

肝心なのはこの暴落でパニックに陥らず冷静に対応することだと思っています。

投資信託は老後資金と思って投入していますので、しばらくは口座を注視しながらも冷静に、冷静に、とにかく冷静に対応したいと思います。

もし、同じような状況に陥っている人がいましたら、慌てずに落ち着いて対応しましょう!

まとめ

大荒れの相場模様ですが、みなさん落ち着いて対応しましょう。

下がったものは、このあと上がって来るものです。

投資信託は積立買付がやはり最強だということを体験学習しました。

ピンチはチャンス、コツコツ積み立てで老後資産を作ります!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

年末ですがニュースから目が離せませんね。

それでは良い1日を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です