【FX】移動平均線の遺伝子をもつツール!ボリンジャーバンド活用法とは?




Pocket

ボリンジャーバンドとは

スポンサーリンク

ボリンジャーバンドとは、移動平均線に値動きの幅を加えたものです。

80年代にジョン・ボリンジャーさんが発明しました。

移動平均線とは、過去の値動きを一定の期間で平均して得られる点を戦で結んだものです。

ボリンジャーバンドは、値動きのばらつきの大きさを表したものです。

よく用いられるのは、±1シグマ、±2シグマです。

さらに±3シグマ以上を用いる人もいると聞きます。

では、±1シグマとは何でしょう?

実際のチャートで説明しますね。

移動平均線の上下に見えるのがボリンジャーバンドです。

上下に4本あるように見えます。それぞれのラインを以下のように呼びます。

ボリンジャーバンドが教えてくれる情報は次のようになります。

プライスが、

  • ±1シグマの間で動く確率→約68.3%
  • ±2シグマの間で動く確率→約95.5%
  • ±3シグマの間で動く確率→約99.7%

と言われています。

ばらつきの大きさは統計的には「標準偏差」という数値を用いています。

ボリンジャーバンドを活用したエントリーの仕方

スポンサーリンク

相場の値動きは、95%以上の確率で±2シグマのボリンジャーバンドの内側に収まると言う性質を使ってトレードする手法があります。

いかがでしょう。

±2シグマを抜けたところに丸をつけて見ました。

何か法則性がみられませんか?

抜けた直後に真ん中を走る移動平均線の方に向かって戻る動きをしていますよね。

エントリーのタイミングがつかめない人はボリンジャーバンドを表示てみてはいかがでしょう。

エントリールールの例(順張り編)

  • 4時間足のトレンドをフォローする。(例えば上昇トレンドの場合)
  • 15分足チャートで陰線−2シグマをした抜けしたら準備開始
  • 次に陽線が確定したところロングでエントリー

どうです?とてもシンプルでしょう。実際のチャートを確認してみましょう。

AからDまで、上のエントリールールに当てはまります。

  • Aは反発の力が強く、その後、バンドウォークが始まりました。
  • Bは移動平均線を抜けた後、+2シグマに当たって戻りました。
  • Cは一旦建値まで戻りましたが、そのあとは+2シグマに当たって戻りました。
  • Dはその後も大きく伸びました。

注目したいのは、このルールでポジションを取った場合、逆方向に進み、大きな含み損になりにくい傾向がみられることです。

利確のタイミングを間違えなければ高確率で勝ちトレードを増やせそうです。

トレンドを簡単に把握するサイトとボリンジャーバンドを組み合わせて楽にトレードする方法をこちらで紹介しています。

ボリンジャーバンドを活用した利確の仕方

スポンサーリンク

エントリーしたらエグジットしますね。

利確は本当に難しいですよね。

出来上がったチャートを見たら頭から尻尾まで全部いただけそうな気がしますが、、、

私は、2つのパターンで考えています。

エントリー後、

  1.  移動平均線を突き抜けてから再び移動平均線にもどり、ローソクの実体が突き抜けたところ。 
  2.  反対の2シグマを突き抜けたところ。 

兼業トレーダーの場合、長時間チャートとにらめっこするのは大変ですよね。

疲れがたまると本業にも影響します。

理想は、2のパターンでさっさと利確して寝るのが一番です。

ボリンジャーバンドを利用した損切りの仕方

スポンサーリンク

損切りは最小限で止めたいですよね。

  1. 直近の高安値で撤退
  2. 1本前のローソクの最高安値を更新したら

2のパターンだと傷は最小限に止めることができます。

そして、反転したら再びエントリーすればいいんです。

まとめ

  1. ボリンジャーバンドとは、移動平均線に値動きの幅を示すラインを加えたもの。
  2. 2シグマを超えると高い確率で戻ってくる。
  3. 上位足のトレンドに合わせてエントリーすると勝率を上げられる。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です