為替相場ロンドン時間のクセ発見!ユーロドルとボリンジャー相性バッチリの時間とは?




Pocket

この記事を書こうか、やめようか本当に悩みましたが、、、

書こうと思います。

忙しい人でも高確率で波をひとつ、ごっそり抜き取る方法を!

ロンドン市場とは

スポンサーリンク

まず、ねらいのロンドン時間とは、ヨーロッパ、特にロンドンの市場がオープンする時間のことです。

MT4の時刻をデフォルトで使っているなら、

  • 夏時間 9:00
  • 冬時間 10:00

日本の時間では、

  • 夏時間 15:00
  • 冬時間 16:00

頃から、ロンドンの金融プロフェッショナルたちの動きが活発になります。

一説によると、東京市場で動くお金の量の5倍以上が動くそうです。

金融の中心といえば、ウォール街のあるニューヨークと考えがちですが、ロンドン市場はそれおもしのぐ規模の資金が流れるようです。

アジア時間でできた流れを見ながら、大量の資金を投入して、投資家が損切りしなければならない方にチャートを動かす力を持っているという噂が根強くあります。

チャートを注意深く見ていると、ある時間帯にとても特徴的な動きがみられます。

アジア時間からロンドン時間に移る時にサインが!

スポンサーリンク

ユーロドルに注目して見ましょう。

アジアの市場(東京、香港、シンガポール)ではあまり大きな値動きをしないことが多くあります。

しかし、15−16時(冬時間で16−17時)ごろになると、

一気に賑やかになります。

ある日のチャートを見て見ましょう。

赤丸をつけたところは、2箇所ともボリンジャーバンドの2シグマ(右は−2シグマ)を一旦勢いよく飛び出しています。

その後、反対方向に一気に値が動いています。

このような現象がほぼ毎日、日本時間の16−17時で発生しているとしたらどうしますか?

2月15日のチャートは、移動平均線( 緑:1時間足のSMA20 )の下に潜ったのでショート。

2月18日のチャートは、移動平均線( 緑:1時間足のSMA20 )の上に位置するのでロング。

時間があったら、遡ってチャートを見てください。

  • ユーロドル
  • 15分足(または30分足)

をお勧めします。

5分足はダマシが多くなるので、無駄なエントリーをなるべく少なくするなら15分足をお勧めします。

毎日、この時間帯に10〜20pipis取れたら月間200〜400pips出せますね。

ご覧いただいたように、ロンドン市場開始直後には値動きにクセがあり、

ボリンジャーバンドを見るとタイミングが取りやすい傾向があります。

ボリンジャーバンド2シグマ渡りが有効

スポンサーリンク

2シグマ渡りって?

と思った人はこちらから!

【FX】利確大好き!一撃必殺ボリンジャーバンド2シグマ渡り!

エントリーした側の2シグマから逆方向の2シグマまで伸びたらさっさと利確する。

利確大好きモード!

短時間で利益を出して、

生み出した時間で好きなことをしましょう。

チャートから離れる時間と利益が同時に増えれば、

人生の貴重な時間を有効に使えますね!

まとめ

スポンサーリンク
  • ロンドン市場は世界最大規模の資金が動く時間帯。
  • 日本時間の16〜17時にクセのある値動きをすることが多い。
  • クセを読んでトレンドに乗れば短時間で数10pips抜ける!
  • 15分足チャートで2シグマに強く当たったらチャンスの可能性大!
  • ボリンジャー2シグマ渡りでさっさと手仕舞いしても利益が見込める!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

FXを丁半博打から投資のレベルに引き上げて、時間とお金にゆとりを作りましょう!

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です