FXで急に勝てなくなるのはなぜ?




Pocket

FXをやっていると、急に勝てるようになりトレードに自信が持てるようになります。

しかし、ある日急に勝てなくなる。

そんな経験をしたことはありませんか?

今回は、なぜそういうことが起こるのかを考えてみたいと思います。

トレンド発生中はとにかく勝ちやすい

スポンサーリンク

アップトレンドでもダウントレンドでも、一旦流れに乗ることができれば勝ちやすい時期が続きます。

その「続きます」の長さが問題です。

勝ちやすい時期が長く続きやすい人は、エントリーを決める際に、おそらく1分足や5分足は使っていないと思います。

最低でも15分足以上でエントリーを決めていたら、1日に何度も利益確定や損切りをしないので、利益が乗り出したらしっかり勝てるはずです。

しかし、エントリーポイントによっては損切り幅も大きくなります。

ですから、証拠金に対して無理なロット数でエントリーをすると耐えられなくなって途中で損切りしなければならなくなります。

ロットを上げすぎて含み損に耐えられなくなり負ける

スポンサーリンク

勝てているときはどんどん証拠金が増えていきますので、自分のキャパに合っていないロットでトレードしていても問題を感じません。

しかし、一度含み損を抱え出すと、このまま損切りになったらどうしようと恐怖心が強くなり出します。

ロットが低くて含み損も精神的に許容範囲の中に収まっていれば、再び自分の流れに戻り勝ちトレードにすることができます。

しかし、不相応なロットでトレードしているときにはこれができなくなってしまいます。

勝ち始めるとついこれからもずっと勝てると思い不要にロットをあげてしまうことがありませんか?

そうすると、さっきまで耐えられていた含み損の幅が、金額で見ると大きくなるのでトレードが苦しくなります。

許容範囲を超えたロットでトレードすることこそが、含み損に耐えられなくなり損切りが増えてしまう原因だと考えています。

レンジに入ったことに気づかず負ける

スポンサーリンク

トレンド相場が続いた後には必ずレンジ相場がやってきます。

レンジ相場とは上昇トレンドが下降トレンドに変わるとき、又は上昇トレンドが一息ついた後でまた伸びる前のタメを作っているような時をイメージしてください。

どんな通貨ペアのチャートでも上昇し続けることができません。また下落し続けることも同様にできません。

それが相場の原則なのです。

トレンドとトレンドの間に来る方向感のない相場の状態、つまりレンジ相場に突入するとトレードがぐんと難しくなります。

方向感のないレンジの中では長く持つことができないので、利幅を伸ばせないし、タイミングも難しくなります。

レンジが好きだという人は別ですが、私のトレードスタイルではレンジは「待機」です。

しかし、しかしなのです。

だいたい相場そのものが、大きなレンジだという見方もあります

明確にしておかなければならないのは、どの時間足のレンジを「待機」とするかです。

私の場合は4時間足より上位の時間足で観測されるレンジならトレードします。

しかし1時間足より短い時間足で発生しているレンジは「待機」とします。

この「待機」を自分のトレードプランに組み込めるかどうかで、勝ち続けられるかどうかが決まると思います。

ここまでのまとめ

  • レンジ相場は基本「待機」
  • 4時間足以上で観測されるレンジはチャレンジ
  • 1時間足以下のレンジはノートレード

そもそもチャートの分析が間違えているから負ける

スポンサーリンク

 チャート分析の際に、多くの人がダウ理論を用いていると思います。

直近の安値を切り上げて高値を更新するから上目線。

更新すべき高安値に水平線をひいてます。

なぜだろう。

トレードに夢中になると、上位足の方向感をすっかり忘れてしまい、エントリーしては逆行を食う。この繰り返しでした。

1分足が直近の高値を更新し、ブレイクアウトだと喜んでエントリーしてはみたものの、4時間足では既に天井を迎えており、利益確定が原因の急落をまともに位大損してしまう。

こんなことを繰り返して負けを積み重ねてしまったものです。

ダウ理論の見方は合っているがその使い方を間違えているのです。

1分足や5分足で短期トレードを繰り返し、運良く勝ちを積み重ねることができても、上東での環境認識を忘れてしまうと、さらに大きな反転の波に飲み込まれてしまうことがあります。

ダウ理論はとてもシンプルです。

しかしそれを複数の時間足で見て使いこなすことができなければなかなかうまく運用することができません。

トレードスタイルによってどの時間足の組み合わせが良いかは異なります。

決して1つの時間足だけでトレードするのではなく、複数の時間足を組み合わせることで急に負け始めると言う事を減らすことができると思います。

セミリタイヤ、借金返済、海外旅行をしたいなどいろんな目的があって始めたFXだと思います。

退場せずに、夢を叶えましょう。