教科書通りのプライスアクションなのに大負け!




Pocket

ほぼシナリオ通りに動いたにも関わらず資金がさほど増えていない1週間になりました。

原因は、値幅が取れる時間帯がニューヨーク時間に集まっていたからと分析しています。

寝る前に決済というルールでやっているので仕方がないところです。十分に利幅が取れたところにトレールし、指値でフォローできればいいのですが、そういう展開でもなかったのが残念。

6通貨観察

スポンサーリンク
  • オジドル AUDUSD ムシ
  • ドル円 USDJPY  アツ
  • ポンドル GBPUSD ムシ
  • ユロドル EURUSD アツ
  • ポン円 GBPJPY  アツ
  • オジ円 AUDJPY  激アツ

主戦場はぶれずにユロドル

スポンサーリンク

今週は、日足レベルでとても綺麗なチャートができました。今後注意すべきところも、次のエントリーチャンスも読みやすいかたちになりました。

週足では、月足で引いたトレンドラインがしっかり頭を押さえた形が見とれます。今週は大陰線が完成し、4月以降の急上昇に歯止めがかかりました。

うっとり日足

スポンサーリンク

目標地点は1.1500にしながら戻り売りのタイミングを待ちたいチャートパターン。

EMA75(赤)が支えに来ているので、神経質な値動きが続きそう。1.1700~1.1750まで戻ったところをしっかり売りたい。

このままEMA75を抜けてしまう展開にも注目しつつ、基本は1.1700まで戻ったところを狙う。

タイミングの取り方は、4時間足と15分足の組み合わせで。

4時間足に逆らうな

スポンサーリンク

出来上がってしまえばうっとりするほどの、教科書通りのチャートパターンを形成。

8月から負けが込んでいますが、ちょっと高めの授業料だったと思えるほど学びの多い9月となりました。

来週は、1週間かけてレンジを作って再び下方向になる展開を想定するとトレードシナリオがまとめやすい。

まだ出来たてのパーフェクトオーダーですから解消されることもあるかもしれませんが、高確率でレンジに入ると思われるので資金管理を徹底したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です